設備紹介

設備紹介

OCT

OCTとは、網膜の断層画像を撮影し、精密に検査するために開発された最新の検査機器です。網膜の断面を拡大したり、網膜の厚さを測定したりして、表面から見てもわからなかった目の異常が発見できるようになりました。緑内障・黄斑部疾患・網膜疾患等を早期発見するために、非常に有効的な検査が行えます。

手術装置

より良い手術が受けられるよう、最新の機器を備えています。

光干渉式眼軸長測定装置

レーザーにより目に接触をすることなく、検査をすることができます。接触により角膜に傷をつけてしまう危険性がなくなりましたので、お子様の検査にも用いております。

スペキュラーマイクロスコープ

この器械では、角膜内皮細胞を測定します。角膜内皮細胞とは、眼球の手術、目に合わないコンタクトレンズの使用、加齢により細胞胞数が減少しまうが、細胞分裂能力がなく、一度傷つくと再生しない重要な細胞です。
コンタクトを使用されている方は、自分の目に合ったコンタクトが使えているか、定期的に検査をしましょう。

YAGレーザー

白内障手術を受けたのに、しばらく経つとまた見えづらくなってしまう・・・。そんな方は「後発白内障」の可能性があります。こちらの器械ではその後発白内障の手術に用います。痛みはほとんどなく、手術時間も短時間です。治療後もすぐに日常生活を続けていただけます。

自動視野

視野の欠損がないかどうか、目の見える範囲の検査をします。特に、初期の緑内障の発見に有効で、予防や早期治療に役立ちます。

ワック

ワックとは、器械の中の美しい風景を眺めていただくことで目の緊張状態を解き、患者様に最も適した眼鏡を処方するための器械です。眼精疲労の軽減や、子供の視力回復にも使われます。

深視力計

大型免許や二種免許を取得する為には、視力検査以外に深視力検査が必ず必要となっています。
深視力検査とは、物を立体的に見る力や遠近感が正常に備わっているかを調べる検査です。
免許更新前に深視力検査の測定が可能です。

MENU

診療科目

診療時間

アクセス

このページのトップへ