小児眼科

斜視、弱視について

  1. 「子供の目が内側や外側にずれているように感じる」
  2. 「物がダブル」
  3. 「段差によくつまずく」
  4. 「運動特に球技が苦手」
  5. 「3Dが見えない、物を立体的に見るのが苦手」

などの症状は斜視の可能性があります。お気軽にご相談ください。

斜視とは?

物を見る時に(固視:物を見ようとしたときに両眼の視線が見ようとする物の所にそろう事)、片目は正面を向いていても、もう片目が違う方向を向いてしまっている状態を斜視といいます。
常に斜視がある場合(恒常性斜視)、時々斜視になる場合(間歇性斜視)、斜視眼が時により右、左と交代する場合(交代性斜視)があります。また、生まれた直後から斜視が明らかに存在する場合と、成長してから目立ってくる場合とがあります。
大人でも眠かったり酔っていたりすると目の位置がずれることがありますが、お子さまの寝起きなどにちょっとずれる程度は問題ありません。

【内斜視】片目が正常な位置にあるときに、もう片目が内側に向いてしまっている状態
【外斜視】外側に向いてしまっている状態
【上斜視】上側に向いてしまっている状態
【下斜視】下側に向いてしまっている状態

斜視の原因

斜視には目を動かす筋肉や神経の異常によるもの・遠視によるもの・目の病気によるもの・脳の病気によるもの・全身の病気に伴うものなどがあります。ほとんどは目を動かす筋肉による引き運動などのバランス崩れや遠視によるものです。
斜視の原因を調べるためにいろいろな検査をして両目の状態を把握し、症状に合わせたトレーニングプログラムを個人的に組立てて、改善を図ります。斜視や弱視は子供の健全な視機能の保護育成を阻害します。

弱視とは?

弱視とは眼鏡をかけても(矯正しても)視力が上がらない状態のことをいいます。弱視になる原因のひとつに斜視があります。斜視があると、ものが二つに見えたり、ずれた側の目でみる像がぼやけて見えるなどの理由により、お子さまが無意識のうちにその目を使わなくなって視力の発達が妨げられてしまいます。また、最近では携帯ゲーム機などの普及や勉強の際の姿勢の悪さでピント合わせ(調節システム)に過度の負担がかかり、視力が出にくくなるケース(調節過剰)も多く見受けるようになりました。

トレーニング内容

当院では両眼視の状態を他覚的(眼球運動・スキアスコープ・カバーテストなど)自覚的(視力検査・カバーテスト(PHY)・ポラテスト・赤レンズテストなど)により確認し斜視、弱視の状態を確認し、アイストレッチ、パッチング(フルパッチ、トランスルーセント(半透明)パッチ)、ブロックストリングスなど機材を用い改善トレーニングを実施しています。
調節トレーニング同様基本はホームトレーニングで、1ヶ月に1回程度の来院によるチェックでトレーニングの進捗状況のチェックと、トレーニングの変更を実施しています。

トレーニング例

※ 斜視や弱視の程度によりトレーニングでは改善できない場合は手術をすすめる場合もあります。

調節システムと近視について

最近の子供を取り巻く視環境は携帯電話をはじめ、携帯ゲーム機などの携帯ディバイスの普及により非常に厳しくなっています。非常に長い時間近業作業を続けることにより、ピント合わせ(調節機能)が過度の緊張を強いられシステムに不具合が生じるケースが非常に多くなっています。これらの症状は「調節痙攣」、「調節過多」などと呼ばれ、調節機能の不具合により、あたかも近視のような症状を呈します。当院はこれらの症状に対して、詳しい検査を行い視機能トレーニングにより改善を行っています。

  1. 「急に子供の視力が低下した」
  2. 「テレビなどを近くに寄ってみるようになった」
  3. 「眼を細めてみる」
  4. 「勉強時の姿勢が非常に悪く、眼が近い」

などの症状は「調節痙攣」、「調節過多」の可能性があります。
子どもの視力低下というと近視になっているのではと考えがちですが、他の屈折異常(遠視・乱視)や調節(仮性近視:調節緊張)によることがあるので、詳しく調べる必要があります。
簡単な検査で一見近視のように診断されても、実際は正視であったり遠視であったりすることがあります。このような場合、眼鏡やコンタクトを装用すると逆に眼が疲れて、視力が不安定になることがありますので注意が必要です。
子どもの視力低下に対し、当院では眼疾患の有無確認のための眼科検査と丁寧な視力検査、屈折検査(近視や遠視の程度を決める検査)、眼位検査(両眼の視線が目標に正しく向いているか)をおこない、調節緊張が疑われる場合には調節緊張を解除しながらの視力検査(雲霧視力検査)やスキアスコープを用いた他覚検査、調節麻痺剤点眼後の屈折検査などを行っています。
調節緊張に対するケアでは、日常視環境の改善指導を行い、フリッパーを用いた視機能トレーニングを実施しています。また、仮性近視(調節緊張)は子どもだけに起こるとは限りません。20才代でも30才代でもパソコン作業などの近業が急に増えた場合や、40才台で老視初期に調節緊張により一時的に近視化し、遠くが見えにくくなることがあります。このような場合も詳しい検査を行い視機能トレーニングなどによる適切な対処を心がけています。

視機能トレーニングとは?

視機能トレーニングとは、ピント合わせ(調節機能)や眼を寄せる力(輻輳機能)などの両目をバランスよく使用させるためのトレーニングをいいます。視機能トレーニングは眼の機能(システム)をトレーニングするもので、視力の回復トレーニングではありません。斜視や弱視、調節機能障害などのシステムトラブルに非常に有効な手段です。

当院での視機能トレーニング例

フリッパートレーニング(調節機能改善トレーニング)

フリッパートレーニングとはピント合わせの機能のトラブル「調節痙攣(調節過多)」、「調節不全」などに対して、ピント合わせの力や効率を高めるために使用されます。
フリッパーは片側にプラスレンズ(ピント合わせの力を緩める)とマイナスレンズ(ピント合わせに刺激を与える)からなるトレーニング機材です。使用方法は40cm~50cmの距離でレターサイズの文字にまずプラスレンズを通してピントを合わせます。(最初はボケて見えますがピント合わせが可能になるとだんだんとハッキリ見えてきます) はっきりと見えるようになったらマイナスレンズ側にフリップし、同様にピント合わせを行います。強制的にプラスレンズとマイナスレンズでピント合わせを行うことによりピント合わせ(調節)を司る毛様体筋を刺激し、ピント合わせの機能を整えます。トレーニングは基本的にホームトレーニング(1日1分間のトレーニングを5セットが基準)により実施し、2週間から1か月に1回程度の来院により状態を確認させていただきます。

14歳 女の子 (学校からの「眼の受診すすめ」を持って当院来院)
問診内容① 携帯ゲーム機 1日 2~3時間
② 勉強時の姿勢が悪く目が近い
③ 授業中、近くから遠くへのピント合わせがうまくいかない。遠くがぼける。
初診時

右目(裸眼視力)=0.3 (矯正視力)=弱度の遠視と近視性乱視を認める。
左目(裸眼視力)=0.2 (矯正視力)=弱度の遠視を認める。 
※屈折検査+スキアスコープ サイプレなし
調節緊張の疑い→調節システムを整える為にフリッパートレーニング開始

4カ月後

右目(裸眼視力)=1.0  (矯正視力)=弱度の遠視と近視性乱視を認める。 左目(裸眼視力)=1.0  (矯正視力)=弱度の遠視を認める。
トレーニング終了       

※フリッパートレーニングは調節システムの改善トレーニングです。視力回復トレーニングとは異なりますので近視などを直すことはできません 。

視環境の改善提案

当院では、視機能トレーニングなどを実施し、お子様の視機能の保護育成に力を入れていますが、調節系の視機能不良はトレーニングにより改善できます。しかし、お子様を取り巻く視環境が改善されなければ、同じ症状を繰り返すことがあります。お子様の視環境を改善し、よりよいQOL(Quality OF LIFE)を実現していただくために力を入れています。

視環境の改善提案例

【1】勉強時の姿勢の改善

お子様が机に向かい、本を読んだり勉強したりすることは一見簡単なように見えますが、実際は目や体の様々な機能を使っています。
特に視覚的な影響は大きく、読み書きの際に二つの目が協調性を持って動かし、本の細かい文字にピントを合わせ、文字の行を飛ばさぬように目で追いかけるなど、とても複雑な条件が必要になっているのです。

勉強時に姿勢が悪く、近くで物を見る癖がついてしまうと、だんだん背中が円くなりいわゆる猫背の姿勢になってしまいます。猫背になると机に座った時にもまた字を近くで見てしまい、さらに悪い癖をつけてしまいます。また、猫背の姿勢では肩や首の筋肉に負担がかかり、緊張して血行が悪くなってしまったり、視神経を圧迫してしまったりしてしまいます。これらも視力を落としてしまう原因になります。
また、この状態は視覚機能の観点から見ても調節(ピント合わせ)と近接性の輻輳(眼を寄せる行為)に大きな刺激を与えます。調節や輻輳詞刺激が増大すれば当然眼の疲れにつながります。これらの症状はしばし、文字の読み飛ばしや行飛ばし、語句の読み違えなどを誘発し、敷いては近業作業(読み、書き)嫌うようになり、落ち着きがない、勉強ができない と言った理由からADHD(注意欠陥・多動性障害)などと勘違いされてしまう事があります。姿勢を治したり、きちんと矯正したメガネをかけたら集中して勉強ができるようになったというお話をよく聞きます。

【2】近業時の理想の姿勢とは?

人が机に向かった時の理想の姿勢は、足がきちんと床についた状態で、腿が水平に、膝下が垂直になり、背筋がピンと伸びた状態だと言われています。しかし、人間の体の中で一番重いのは頭部であり、子供であれ大人であれ、平らな机の盤面で文字を書いたり、本を読んだりすれば、自然と一番重い頭部が前に傾き、首の筋肉は頭を支えるために大きな緊張を強いられることになります。また、視覚機能の観点から見ても下方視の状態で正面視に比較して余分な外眼筋の動きが必要となり眼の疲れを増加させることが考えられます。

【3】ハーモンディスタンス(The Harmon Distance)とは?

エルゴノミクスの分野のパイオニアであるドクター・ハーモン(Dr. Darrel Boyd Harmon:Optometrist in USA)の研究では、眼と作業面(紙面)までの理想の距離は、その人の手の拳から肘までの距離であり、視覚機能上最も適した距離としています。また、学校や家庭での勉強における作業環境は平面であり、このことによる影響は視覚機能だけでなく、エルゴのミック的に考えても問題があると考えられています。したがって理想的な作業姿勢を維持し、眼や体の負担を軽減するために作業面に角度をつけることが必要であると言われています。前述のDr. Harmonの研究によれば作業面の傾きは20~23°が理想とされ、より快適で自然なポジションを実現し、平面の作業面時の下方視による首、背筋の緊張や、視覚機能的に見た下方視による横方向の余分な外眼筋のストレスを軽減し、より広い紙面にピントが合わせやすくなり、また、行を眼で追いやすくなり、文字を下方に追う時の均一性も保たれます。また、平面の作業面では、文字を書く際に手首だけしか使用しませんが、傾斜した作業面では前腕を使用することになり、疲労を和らげ、より良い手首のコントロールを提供することが可能になります。

【4】スラントボード

お子様の勉強時に理想的な視環境を維持・改善するために,当院では「スラントボート」と呼ばれる左記のような器具も紹介しています。

  

〔スラントボードの特徴〕

  1. 傾斜角度22°が容易に設定できる。
  2. 手ごろな大きさ【30×45cm】前後が理想
  3. 表面が容易にクリーニング可能
  4. ペーパークリップ付
  5. 可能であれば、盤面上で子供の視知覚などのトレーニングが行えると理想

MENU

診療科目

診療時間

アクセス

このページのトップへ